経産省 月次支援金のご案内(2021/6/9更新)

経産省 緊急事態宣言、まん延防止等重点措置にともなう月次給付金のご案内

 

【 経産省 月次支援金】

2021年4月以降に実施されている緊急事態宣言、又はまん延防止等重点措置に伴う、「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、2019年又は2020年の同月比で売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等へ、月額上限20万円(個人事業主は10万円)が給付されます。

 

★給付対象

以下(1)、(2)を満たせば、業種・地域を問わず給付対象となります。

(1)緊急事態措置またはまん延防止等重点措置にともなう飲食店の休業・時短営業または外出自粛等の影響を受けていること
(2)2021年の月間売上が2019年または2020年の同月比で50%以上減少していること

経産省月次支援金の給付対象具体例

※月次支援金リーフレットより抜粋

ただし、月次支援金は店舗単位・事業単位でなく、事業者単位で給付します。
そのため、事業者内で特定の店舗・事業のみ月間売上が50%以上減少したとしても給付要件を満たしません。

 

★給付金額:

給付額=2019年または2020年の基準月の売上-2021年の対象月の売上
中小企業:上限20万円/月
個人事業主:上限10万円/月

 

★申請期間

4・5月分⇒2021年 6月16日~8月15日(2021/6/9更新)
6月分⇒2021年7月1日〜8月31日
※原則、対象月の翌月から2か月間を申請期限とします。

 

★申請方法

はじめて月次支援金を申請するには、まず月次支援金のホームページ(2021年6月下旬~2021年7月30日(金)を予定 2021/6/9更新)でアカウントの申請・登録を行います。必要書類を準備して登録確認機関での事前確認を受けてから、月次支援金ホームページのマイページで申請する対象月を選択して基本情報を入力し、必要書類を添付して申請するという流れになります。

一時支援金又は月次支援金を既に受給された方は、事前確認や各種書類なしでマイページから必要情報を入力して、2021年対象月の売上台帳を添付するだけで申請することができます。

 

⇒月次支援金の詳細・詳しい申請方法は、経産省「月次支援金」のページをご覧ください。

 

アイポケットでは、ECサイトの作成・運用などの販路開拓、動画制作、広報物(チラシ・パンフレット・DM・展示パネル・看板)のデザイン・印刷、インターネットによる広告など、クライアント様の事業をサポートをさせていただいております。
補助金・助成金の申請作業をサポートしてくださる中小企業診断士や行政書士のご紹介もさせていただいておりますので、お気軽に担当スタッフまでご連絡ください。