紫外線の良し悪し

出アフリカにより紫外線を浴びる量に変化:
人類がアフリカを基点に南北に移動して依頼、紫外線を浴びる量に変化が生じました。
今では、紫外線は肌のしみになるとして余分な存在として意識されています。また、浴びすぎると皮膚がんにもなります。

太陽光とビタミンDに関係は有名ですが、現代人は紫外線を避けることで、紫外線を浴びることにより体内で育成されるビタミンDが不足しているというのです。ビタミンDといえば、カルシウムが骨になる手助けをすることでよく知られていました。ところが、このビタミンDの役割はそれだけでなく、がん細胞の分裂増殖を抑える働きが最近の研究で分かったそうです。

理想的には、1日15分程度太陽光を浴びるとよいそうです。顔へのしみは避けるとしても、手足だけでも十分浴びましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です