健康住宅

シックハウス

現在の住宅は、24時間換気とホルムアルデヒド放散の少ない建材での施工がほぼ標準化されていまますが、すべての化学物質に対応しているかといえば、まだまだ不十分です。

また、家具や調度品に対しての制限はされていないのが現実で、測定方法があいまいであるとの指摘もあります。

オフィスなどで使われる床材、タイルカーペットやクッションフロアなどは常に接していますので、値段で選ぶよりも、品質で選ぶことが大切です。

除菌・防カビ

エアコン、換気扇、水周りには常にカビが発生しています。身体の免疫力が強い時には体調を崩しませんが、風邪等で身体が弱っている場合には、体調を悪化させる原因にもなります。最近では身体に害のない防カビ剤がありますので、カビの増殖を防ぐようにしましょう。

ステリパワーやランプベルジェのアロマランプのような部屋の空気自体を除菌する製品も利用すると良いでしょう。

健康住宅とは、最終的には人の健康を維持することを目的としています。様々な化学物質に囲まれた現在、人が健康で過ごせる環境づくりが大切です。