Google+で著作を証明する

2ヶ月前、米国Googleは今後オーサーランクを重視して行く旨、公式に発表しました。オーサーランクとは、著作者のランクのことです。

2年前にGoogleはコピーサイトやローコンテンツのページをホームページに掲載しないよう注意を促しました。確かに、一部のSEOサービス業者はバックリンク増やすためにコピーサイイトやローコンテンツのページを膨大に作成して狡猾にSEOを行なっているようでした。当時は、どれがコピーなのかオリジナルなのかGoogleはどう判断するのかわかりませんでしたが、今やっと、Googleの考えがわかったような気がします。

Google+で本人確認を行い、Google+ページで会社のホームページを認証させておくとで著作(オーサ)やパブリッシャーが証明されます。そうすることで、ホームページが発信する情報がオリジナルとして評価されるようになると思います。今後、インターネットでビジネスを行なう上でこれは重要なことであると感じています。