【WordPressで文字に内部リンクを設定する】

ブログを更新することが大切なのは理解しているけど、ずっと更新していないからどうやってログインしたらいいのかすら忘れてしまった・・・!

そんなブログを書きたくてもなかなか書き出せないクライアント様に向けてはじめました【今始めよう!WordPressでブログを書く講座】

 

第7回目のテーマは
【 WordPressで文字に内部リンクを設定する 】です!

 

せっかく検索から御社のブログにたどり着いた読者がいたとしても、その記事を読んだだけで御社のブログから離脱されてしまうのはとてももったいないことです。

今回はブログ内の他の記事へリンクをつける方法をご紹介します。

他の記事へリンクを設定することは、ブログを回遊し多くの記事を読んでいただくことに繋がります。
より深く御社のことを知ってもらううえで重要な方法ですので、一つずつチェックしましょう!

 

WordPressで文字に内部リンクを設定する

 

前回、【 WordPressで文字に外部リンクを設定する 】では、指定の文字にブログ外のページへのリンクを設定する方法をご紹介しました。

今回は文字に内部リンク(同じブログ内の別の記事へのリンクすること。上の行の【 WordPressで文字に外部リンクを設定する 】はまさに内部リンクです。)を設定をする方法をご紹介します。

HP内の他の記事へのリンクを設定すれば、より多くの記事を読んでいただくことができます。
多くの記事を読んでいただければ、より多く御社の商品・サービスを知ってもらえる可能性が高まります。

早速、設定方法をご説明しましょう!

 

■ 文字に内部リンクをつける方法

リンクをつける文字を選択し、[リンクの挿入/編集]ボタンをクリック

①リンクをつける文字を選択し、[リンクの挿入/編集]ボタンをクリックします。

 

[リンクの設定]ボタンをクリック

②[リンクの設定]ボタンをクリックします。

 

過去に投稿した記事のタイトルからリンクを設定

③過去に投稿した記事のタイトルからリンクを設定します。
[リンクを追加]ボタンをクリックすれば、リンクの設定が完了です。

 

■ リンクを解除する方法

リンクの解除

設定した文字をクリックすると、[リンク先][編集][リンクの解除]が表示されます。
[リンクの解除]ボタンをクリックします。

 

■ 注意点

① 内部リンクを設定する文字はブログ記事のタイトルにする

 ブログのタイトル、または、リンク先の内容が一目でわかる文字列
例:「読みやすいブログの書き方」「画像をブログに投稿する方法」
× リンク先の内容がわからない文字列
例:「詳細はこちら」「詳しい説明を見る」

 

ブログ記事のタイトルは、検索からのアクセスにかかわる要素なので、こだわってつけているのではないでしょうか。魅力的なブログ記事のタイトルは、内部リンクにおいても集客効果を発揮してくれます。

また具体的にタイトルを記載している方が、読者にとって必要な情報が掲載されていることが分りやすく、読んでみようと思ってもらえる可能性が高まります!

 

② タブの使い分け(同一タブ/新しいタブ)

本文途中の参考記事など、読んだ後で本文に戻ってきてほしい場合は「新しいタブで開く」を設定し、
文末で続けて別の記事を読んでほしい場合には、リンク先のページは「同一タブで開く」を設定しましょう。

 

WordPressは内部リンクを設定する場合には、デフォルトで同一タブで開くようになっています。
これは記事を読み終わってから別の関連記事などを読む場合には、非常に快適です。

ただし、本文途中に参考記事がリンクされている場合、同一タブで参考記事からさらに違う記事に飛んだりすると最初に読んでいた記事にはなかなか戻ってこれなくなってしまいます。

本文中のどの位置にどんな目的で内部リンクを貼るかによって、同一タブか新しいタブで開くかを使い分けるようにしましょう。

※リンク先のページの「新しいタブで開く」を設定する方法は【WordPressで文字に外部リンクを設定する】をご確認ください。

 

■ まとめ

今回は文字に内部リンクを設定する方法をご紹介しました。
「他の記事も読んでみたい!」と読者に思わせて、より深く御社のことを知ってもらうために内部リンクは非常に重要です!

読者にとって有益な情報を発信し、満足度を上げることでさらなる集客につなげましょう!
次回は、【 WordPressで記事にアイキャッチ画像を設定する方法 】です。

ブログ投稿でお困りのことがございましたら、担当者までお気軽にご連絡ください。