【開催報告】「ブログ活用編 ~来店・成約につながるテーマの見つけ方」2017.10

今回は、ブログ運営でありがちな失敗事例からご紹介します。御社のブログは大丈夫でしょうか?

  • 今日はどんなブログを書こう、いいブログを書きたい!→悩んでいるうちに、電話やメールが入って、結局書けずじまい。そんな日が続いて、どんどん足が遠のく。→更新が止まる。
  • Aさんは書いているけど、Bさんは書かない。→だんだんAさんのモチベーションが下がる。→更新が止まる。
  • 最初は、テーマに沿って書いていたけど、ネタがなくなった。→趣味の話や関係のない話題が増えていく→お客様からの反響が取れない→更新が止まる。

ビジネスブログは「将来お客様になり得る方と出会う」という目標を持っているはずですが、この3ケース共に「何のために(目的)」「誰に(ターゲット)」「何を(テーマ)」「どうやって伝えるか(構成)」の4原則が抜けておちてしまっています。
※ブログを書く担当者は、商品・サービスへの深い見識も必要ですが、ここでは割愛します。

 

10月のセミナーでは、こんな失敗をしないためにブログの役割や目的、成果につながるテクニック具体的なテーマの見つけ方についてお話させていただきました。

ブログの役割や目的については、タッチポイントとしてのHPとブログの役割、検索エンジンが重視するポイント、モバイルファーストインデックスやディープラーニングなど進化する検索エンジンと今後のWEBの潮流についてお話しさせていただきました。

成果につながるテクニックとしては、検索エンジン対策としてキーワードの選定、タイトルの書き方、記事の構成方法、顧客対策として、ターゲットを絞ること、ターゲットにとってのベネフィットについてご紹介しました。

後半では、ブログテーマの見つけ方と、テーマから記事タイトルを作る方法について、「横浜の子供向け英語学習塾」を題材にした具体的な説明とワークショップを行いました。

私がワークショップで気が付いたことは、ビッグキーワード依存な方が多いということでした。ビッグキーワードは検索ボリュームは確かに多いですが、その分ライバルが多いので、検索1ページ目に出現するのは難しいです。それよりも、ターゲットを絞り、その人が探すであろう複合キーワードや、そのキーワードを検索するときのシチュエーションを連想して、それを記事タイトルや記事に入れてしまう方が、記事自体も書きやすく、読んだ人の心を動かすことができます(「子供英語教室」よりは「小学生専門 英語教室 バイリンガル」など)。

今回ご紹介した内容を、日々のブログ運営に生かしていただければ、個々の記事で狙ったターゲットに訴求できる記事を書くことができるようになります。
それでもやっぱり、テーマが連想できない!と言った場合は日々お客様から聞かれることや、へえ~そうなんだ!と感心されたこと喜んでもらえたことなどをテーマにしてみてください。

ブログの運営でお困りでしたら、担当者までご連絡ください。御社にとってのブログ運営がビジネスにプラスになるよう、サポートさせていただきます。


月イチ開催のアイポケットセミナー、次回は来年開催です。次回以降も、皆様のサイト運営をバックアップするノウハウや最新情報をセミナー形式でお伝えしてまいります。詳細は、改めてアナウンスさせていただきますので、ご参集の程、よろしくお願いいたします。

※クライアント様限定開催とさせていただいております。